ネットビジネス

【まとめ】ブログとメルマガで稼ぐ!DRMを駆使した最強ビジネスモデル!

こんにちは
ブログ運営者のさちです♪

副業時代の今日、何か新しい事にチャレンジしてみよう!
人生100年時代に備えて、自分で稼げるスキルを身に付けたい!と
思っている人が多いんではないでしょうか?

かくいう私も、のほほん生活10年の主婦でありましたが、
「自分の人生は自分で創る」というある本をキッカケに
新しいことにチャレンジしてみたくなったのです。

幼少期に水泳で鍛えられた闘争心!?に火が付き、
「よし!私もやってみよう」と
心に固く誓ったのです(笑)

さて、本題に戻りますが、
今日は最強のビジネスモデルである
『ブログとメルマガ=ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)』
の神髄に迫りたいと思います。

DRMとは?



ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)
とは、
「Direct Response Marketing」の頭文字を取ってDRMと呼んでいます。

1⃣ある商品やサービスに対して
「いいね!」と意思表示してくれた人(リスト)を集め『集客』

2⃣見込み客にとって
ためになる、価値ある情報を定期的にお伝えし『教育』

3⃣良さを感じてもらった状態で
商品やサービスをセールスする『販売』

ここでポイントなのが、
「意思表示」をしてくれた人という点です。

俗にいう、テレビCMのような不特定多数へ宣伝し「集客」するのではなく、
何か興味をもって反応してくれたお客さんを「集客」するため
お客さんの「質」が大きく違います

そのため、
将来商品を買う可能性のある見込客に対して、
価値ある情報を提供していくので「教育」
共感や信頼関係が生まれ、

良好な関係性の中でセールスしていく「販売」
だから、自然に購入してくれるというコンセプトになっています。

DRMのレバレッジ

レバレッジとは、「テコの原理」からきていて、
小さな力で大きな力を生み出す作用です。

つまり、アクション(反応)を起こしてくれることを目的に「集客」をして
この見込み客になりそうな人たちだけに「教育」をしていくのに、

見込客1000人に「教育」していくのも
見込客1人だけに「教育」していくのも
作業量としては同じなのに

見込客1人より1000人の方が断然
セールスするにも「販売」しやすくなり

結果、大きな収益にも直結することになるのです。

だから、DRMを駆使した「集客」で100人、500人、1000人、10,000人と
リストがたくさん集まれば集まる程
1回の作業で集めたリスト分を売り込みすることが可能なのです。

DRMの実践の方法

では、DRMをどのように行えばいいのか、効果的な3ステップを説明していきます。

1⃣集客…将来、見込み客になってくれそうな人を集める

2⃣教育…見込み客と信頼関係を築く

3⃣販売…販売して顧客になってもらう

それでは、1つづつ解説していきます。

集客

ダイレクト・レスポンス・マーケティングにおいて、
「集客」とは、商品やサービスに「何か」アクションを起こしてくれる人を
集めることが目的になります。

自社のサイトやブログで、お客さんが欲しいと思う情報や無料レポート、有益なPDFなどをプレゼントすることで、お名前やメールアドレスを登録してもらいます。

ここでは、お客さんに「それが欲しいです!」と反応をしてもらうには、いかに見込み客が欲しいと思う提案ができるかどうかがカギになります。

「欲しい!」と思ったとおりの内容であれば、
さらに価値を感じてもらえるため
その先にある商品やサービスについて期待感がうまれます。

ただ、ここのサイトやブログでリスト欲しさに、
内容はうすっぺらいのに、

キャッチコピーだけ惹きつける文言で訴求し、
登録だけを促すやり方をする人がいます。

しかし、これは見込み客の信頼をなくすだけなので、
小手先の「集客」はしないように気を付けましょう。

教育

ダイレクト・レスポンス・マーケティングでは、「教育」が一番重要な項目です。

「教育」というと、何か教え込むみたいなイメージを描きそうですが
決して、難しいことではないです。

メールマガジンを活用して、

・悩みや問題を解決するような情報
・この商品を使うと、ワンラックアップした生活が出来ます
・このサービスはこんな秘密が隠れているというような価値ある情報

を惜しみなくgive and giveすることで
より共感や信頼度が増してくれることが「教育」の役割と言えます

そして、この信頼関係の構築するためのツールが
「メールマガジン」というわけなのです。

メールマガジンについて

ダイレクト・レスポンス・マーケティングにおいては、

①定期メールマガジン
②ステップメール

この2点がメインのメルマガになっています。

①定期メールマガジン
上記の図にあるように
登録した日に関係なく、事前に作成したメールを
見込み客に定期的に流すメールマガジンのこと。

ブログ運営者の考え方や理念をも含めて
時事的ニュースやお得情報などを提供していくことで
親近感を持っていただく。

②ステップメール
登録した日を起点として、事前に作成したメールを
スケジュールに沿って配信するメールのこと。

見込み客毎に自動メール配信をしてくれるので、
特別感の演出やフォローの自動化に役立ちます。

これぞ正に、
「ステップメール」こそが、信頼構築を実現する原動力であり、
DRMの神髄とも言えます。

掴みをグッと引き寄せることが出来れば、こっちのもんです♪

・なぜ?
・何?
・どうやって?
・今すぐ

人には4つの学習タイプがあると言われています。

なので、この4タイプの人たちに刺さるようなステップメールの内容に
組み立てる必要があります。

販売

ダイレクト・レスポンス・マーケティングでの「販売」は、

見込み客に価値を感じてもらえて、
信頼を勝ち取るところまできていたら、

あとは、欲求が高まった状態のところに商品セールスの案内をかけます

おそらく、見込み客は欲しい!と思う状態であるので、
大概は何もしなくても、自然に売れていくという結果になるはずなのです。

つまり、「集客」→「教育」まで正しい方法で最高の戦略を行っていれば、
この最後の「販売」スムーズにぽちっとボタンを押してくれるわけなのです。

「集客」でロイヤルティの高い見込み客をどれだけ集め
「教育」でどこまで共感・信頼関係を強化できるかが

クロージングの成功のカギを握っていると言っても過言ではありません。

DRMのメリット・デメリット

DRMのメリット

メリット

一度登録しておけば最適なタイミングでメール配信できる
見込み客の育成に繋がる
見込み客との接点の増加
タイミングを見計らった訴求
顧客と商品購入後もつながることができる
自動的に収益化が可能

DRMのデメリット

デメリット

メールの設計に時間がかかる
最新の情報を提供できない
メールを送信する見込み客リストが必要
自動配信システム費がかかる(月3,000円~1万円前後)

 

まとめ

  1. ブログとメルマガ媒体を活用したDRM手法は、最強のビジネスモデル
  2. DRMでは、「集客」→「教育」→「販売」の3ステップで構成されている
  3. この過程の「教育」は見込み客と信頼関係を構築することが最大のカギ
  4. 信頼関係の構築こそが、その後の商品やサービスへの期待感・欲求が高まる秘訣になる
  5. 見込み客の育成ツールとして、メルマガ(ステップメール)をフル活用するべき

 

ネットビジネスで一番レバレッジの効く手法は、

DRMを駆使した「ブログ」と「メルマガ」の2大ツール。

「ブログ」
「メルマガ」

このコラボレーションが、
売り上げを半自動化し
安定的に収益を拡大してくれる手法なのです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回は最後までお付き合いいただいたお礼におススメの無料メール講座をプレゼントいたします♪

スタートアップしたい方は見てみて下さい♪
【0円】から稼ぐ起業
ビジネスのエッセンス(メール講座 全15回)

ABOUT ME
さち
はじめまして、さちです。息子と2人海外在住の主婦♪ コロナの影響で<自分の将来><子供の未来>について悩み始めネットビジネスを開始。 何度か挫折しつつも、やっぱり「これで終わりたくない」の気持ちが沸き起こった先に今のメンターと出会う。 自分の力で稼ぐスキルを身に付けながら仕組み化を目指し、非労働型ビジネス=資産型ブログを立ち上げました。初心に戻った私がこれからどう変われるか?成長過程を情報発信していきます。
スポンサーリンク